飼い主は犬の道しるべ

飼い主は犬の道しるべ画像

飼い主が迷えば、犬はもっと迷う。

犬と暮らすと様々な場面に遭遇します。

飼い主はどうすべきかの判断を迫られます。

そんな時、犬は飼い主のことをどのように見ているのでしょうか。

「落ち着いて見えるし、ここは大丈夫だ」

「慌ててる!どうしたらいいんだろう!?」

犬も状況を読み取りながら、飼い主のことをうかがっています。

いつもぶれない対応が必要です。

大切なことは、誤った道を進んだとしても正しい道へ引き戻すことです。

​そして、その繰り返しが飼い主への信頼となっていきます。